2018.03.10 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.03.09 Monday

    広尾 小野木

    0
      久しぶりに外食の記録でも。
      和の花と薬膳料理のコラボレッスンでもお世話になっている花師の佐伯京子さんと一緒に2月末にオープンしたばかりの『広尾 小野木』さんにお伺いしました。

      店内にはこんな大きな切り株が! お店の方みんなで掘ってきたとのこと。 す、すごい。。

      大きな切り株後ろに見える水墨画はスタッフの方が描かれたものだそう。これもまた圧巻でした!

      お店のFacebook投稿を拝見した際に余宮隆さんのお名前が出てきていたので、予約の際に「余宮さんの大ファンなんです」とお伝えしたら色々とお心遣いをいただいて…。

      これは余宮さん作の動物たち。
       目の前に大集合! うーん、どの子もかわいい。。
       「今日はほぼ余宮さんの器で料理を出しますね!」という言葉にさらに期待が高まります。

      さてさて、肝心のお料理ですが、今回はおまかせコースをいただきました。
       スタートは、海老と貝のサラダ。
       車海老、つぶ貝、赤貝と一緒にかぶなどがあしらわれていました。
       海老好き、貝好きの私にはたまらない一皿。そして、器はもちろん余宮さんのもの!
       余宮さんの刷毛目、私、大好きなんです。

       続いて、はまぐりとしじみのスープ。
       酒飲みにありがたい、からだにしみわたるお味でした。

       すみいかの肝ソース うに添え。
       「これはもう日本酒でしょう!」というわけで…。
       スタッフの方おすすめの京都のお酒をいただきました。

       ぐいのみも選びたい放題。
       あぁ、どれも素敵。

       お刺身の盛り合わせ。
       本まぐろ、さより、熟成ひらめ。 ひらめ用のお塩は自家製の昆布塩でした。 
       そして、余宮さんの徳利とぐいのみで日本酒。
       こんな贅沢をしていいのでしょうか??


       すみいかの耳をあぶったもの。
       いかって生のままと火を通したものでは食感や味わいが全然違い、楽しい食材のひとつですよね。

       チーズ入りのポテトサラダ。
       これまたお酒がすすむ一皿。

       子持ちやりいかのコンフィ キャベツソース。味噌カンパーニュ とんぶり辛子。
       これもまたお酒に合うんです!


       そして、お肉!!
       肩三角、ざぶとん、赤身。 山椒味噌が添えらえていました。
       中央にあるのはパクチーのおひたし。これ、おいしかった〜。

      車海老の炊き込みご飯。
       その前に日本酒をもう1本…。 徳利とぐいのみも替えてもらいました。
       徳利の後ろに見えるのは佐伯さんのお花。おいしいご飯にお酒に素敵なお花。
       最高のシチュエーションですよね。

       飯椀も余宮さんのもの。
       タイプは違うものですが、わがやでも余宮さんの飯椀を愛用しています!

      最後にデザート。
       シュークリームに抹茶プリンにいちご。
       開店記念にちなんだ「祝」の文字が乗った「祝クリーム」とのこと。
       こんな遊び心も素敵すぎます。


      そんなこんなで、お腹もいっぱい、こころもいっぱいの楽しい一夜になりました。
      ご一緒させてくださった佐伯さん、店主の小野木さんはじめスタッフの方々、本当にありがとうございました。

      テーブル席も素敵ですが、調理の様子が間近で見られるカウンター席もいいものですよね。
      平日の早い時間にお伺いしたにも関わらず、あっという間にカウンター席が満席になっていました。
      食べに行かれる際は予約された方が確実だと思います!

      広尾 小野木 http://www.discovery-t.com/onogi.php

      JUGEMテーマ:食べちゃいました・・・
      2014.01.23 Thursday

      萬福寺の普茶料理

      0


        たまには「外ごはん」のカテゴリーも更新しようかと。

        昨年10月、ふと思い立って京都に行ってきました。
        一番の目的というか、唯一の目的は黄檗宗大本山萬福寺で食べる普茶料理!
        普茶料理とは、隠元禅師が伝えたという中国風の精進料理のことです。

        コース料理は2名から3日前の予約とのことだったの、今回は「普茶弁当」をお願いしました。
        平日の昼間のおかげか30畳のお部屋をひとりじめして、ゆったりとした気分で普茶弁当おいしくいただきました。

        そうそう、ふだん口にすることが多い「いんげん豆」ですが、この隠元禅師が中国から持ち込んだものと言われています。
        だから「普茶弁当」にもいんげん豆の胡麻和えがあったのかな??
        その他、隠元禅師が持ち込んだものと言われる食材には、すいか、れんこん、孟宗竹(たけのこ)などがあるんですよ!

        あと、「木魚」の原型とも言われているこちらの「魚梛(ぎょはん)」も隠元禅師ゆかりのものだそうです。

        あまりにも素敵だったので、魚梛がデザインされた手ぬぐい?布巾?を思わず買ってしまいました。

        普茶料理も中国風でしたが、萬福寺さんの伽藍建築などもすべて中国の明朝様式で、お経も中国語を基本とする独特のものとのこと。
        ちょうどお伺いした時に「原敬毎歳忌」が行われていたため、そのお経を聞くことができました。
        ほぼノープランで訪れた京都旅行でしたが、お料理も伽藍建築もお経も堪能できて大満足の一時でした!

        「萬福寺さんに行ってみたいなー」と思ったのは、中国風の精進料理に興味があったからなのと、私がお伝えしている薬膳が「中医学(中国伝統医学)」がベースになっているものだからです。
        長い長い歴史の中で発展してきた中医学は、あらゆるものを観察し、積み重ねることによって得られた「知識」と「経験」の学問です。
        最近そこかしこで「薬膳」と謳ったメニューを目にするようになりましたが、まだまだ「からだに良さそうな食材を使っているから薬膳料理!」といったものを多くみられます。
        薬膳料理を作る際に必要なことは「なんとなくからだに良さそう…」といった食材の「効能」だけでなく、「薬膳の対象となる人」の体質や体調、生活環境、そして季節などを考慮することです。
        楽しく薬膳」では、先人の知恵がいっぱい詰まった「薬膳」を、その人にあった「形」でこれからもお伝えしていきたいと思っています。
        あなただけの「オーダメイド養生法」にご興味がおありの方は下記フォームからお気軽にお問合せくださいね!
         
        お問い合わせフォーム


        JUGEMテーマ:食べちゃいました・・・

        続きを読む >>
        2013.12.12 Thursday

        オフィス訪問♪

        0

          先月末、いつもお世話になっている器ショップ『IVORY』の新オフィスにお邪魔してきました〜。
          お酒好き私のためにビールやボジョレー、そしてこんなに素敵なコーディネイトでおもてなしをしてくださったんですよ!
          あ、今回のお写真はすべてgwanko隊長が撮影されたもの!
          (帰宅してから自分が撮ったものと見比べて、センスと腕の違いにがっくりきてしまったのはここだけの話。。)


           「ちょっと待ってくださいね〜」の言葉の後、素敵な盛り付けのチーズが出てきてびっくり。
           ささっとこんな風に盛り付けできたらいいですよね〜。
           チーズの手間にあるのは持参したもってのほかの甘酢漬け。うーん、ガラスの器に合う!
           きれいな色でさっぱりとした味わいのもってのほかは前菜にもおすすめなのです。
           


          オフィス訪問が決まった際「お弁当を持って行きますね〜」とお伝えしたのですが、「せっかくだしIvoryさんの器に盛り付けさせてもらっちゃう??」
          と思いつき、二人でビールやボジョレーを飲みつつ、各自でお重に詰めてみました。

          そして出来上がったのがこちら!

          手前のウォルナットのお重はgawanko隊長、奥の白木のお重が私が詰めたものになります。

          今回持参したものは下記の通りです。
           ・だし巻きたまご
           ・赤ピーマンの肉詰め バルサミコソース
           ・きのこともってのほかの和え物
           ・かぶと高野豆腐の煮物
           ・秋鮭の焼き漬け 陳皮風味
           ・さつま芋とシャウエッセンのサラダ

          テーマは「晩秋の味覚を楽しむ&乾燥対策」でした。
          秋の味覚のきのこ、菊、鮭、さつま芋は作りやすくって保存がきくもの。 赤ピーマンに詰めた「豚肉」にはからだを潤す働きがあるとされています。
          また、これからますます美味しくなる「かぶ」にはちょっとした思い入れがあったりします。
          Ivoryさんとのお付き合いの始まり「the薬膳クッキングキャンプ」ではじめてレシピ提供した際にメイン食材として使ったものが「かぶ」だったんですよね。

          あとは、蓮子入りの薬膳炊き込みご飯。

          干し海老からのうま味、オイスターソース、醤油、紹興酒、そしてほんのちょっぴりのごま油が隠し味の薬膳炊き込みご飯。
          「私、蓮子が好きなんです!おいし〜♪」という嬉しいお言葉もいただき、喜びもひとしおです。

          そうそう、リンク先のページにも書いてありますが、蓮子には「滋養強壮」や「精神安定」などの効能があるといわれています。
          「精神安定」というとなんだか大げさな感じがしますが…
          今年も残りわずかになって「あれもしなきゃー、これもしなきゃー」となんとなく気忙しいこの時期におすすめの食材のひとつではないかと!

          その他にもオリーブオイルで食べるおいしいトマトゼリーやどら焼きならぬ「とら焼き」でキュートなスイーツプレートご用意いただいたりと、
          お腹いっぱい、楽しい気持ちもいっぱいの1日になりました。

          実はこの日、とっても嬉しい報告を聞くことができました。
          器ショップIvoryさんが、来年3月、東京・国立市に実店舗をオープンすることになったとのこと!(詳細はIvoryさんのこちらの記事をご覧くださいね)
          Ivoryさんの素敵な器の数々を実際に手に取って器選びができるようになったのですよ〜。
          そしてそして… 数年前から続いているネット上のコラボ企画ですが、ついにリアルでもコラボできることになりました!
          来年春、東京・国立市のIvoryさんの実店舗にて、「器と薬膳」そして「メンタルな部分」にも着目した企画を行う予定です。
          gwanko隊長と二人で楽しくって、ためになって、おいしい企画を検討中です。
          企画内容につきましては、ブログやFacebook等でご案内していきますので、チェックしていただけたら嬉しいです。

          JUGEMテーマ:お弁当写真
          Calendar
              123
          45678910
          11121314151617
          18192021222324
          252627282930 
          << November 2018 >>
          PR
          無断使用・転載について
          このブログに掲載されている全ての文章・画像・イラストを無断で使用・転載することを禁じます。
          ご予約カレンダー
          エッセイ更新!

          地方発いいもの発見プロジェクト47PRさんで連載中のエッセイが更新されました。

          47エッセイ

          (クリックすると該当ページに飛びます)

          2018年の運気アップのポイントなどを書いてみましたのでぜひご覧くださいね。

           

          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM